1.  >
  2.  >
  3. 福岡の葬儀社~枕飾り~

コラム

福岡の葬儀社~枕飾り~
お葬式の知識

福岡の葬儀社~枕飾り~

仏教では、ご遺体の枕元に、経机の上に、仏具や供物を置いて飾るのを「枕飾り」といいます。飾り方は宗派によって異なります。一般的には、香炉、花瓶、灯明の三具足に線香、ろうそく、一輪の菊の花(樒)を飾ります。これらは通常、葬儀社がご遺体の安置の際に飾ります。仏壇の経机を利用してもかまいません。

また、故人が使用していた茶碗に新しく炊いたご飯を盛り、お供えします。ちょうど1合炊いたら山盛のご飯になります。宗派によってお箸を立てるところもあります。(小さいとき、ご飯にお箸を立てたら、怒られていましたよね。)また、白玉粉でお団子を作り、供えたりもします。数は6個や13個など様々です。

【あわせて読まれている記事】
・福岡の葬儀~お葬式の「お布施」
・福岡の葬儀~遺体安置~
・福岡の葬儀~グリーフワークとは~



バックナンバー

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年