1.  >
  2.  >
  3. 自宅で死亡したら【まずやるべき事・連絡先・注意点など】

コラム

自宅で死亡したら【まずやるべき事・連絡先・注意点など】
お葬式の知識

自宅で死亡したら【まずやるべき事・連絡先・注意点など】

もしもご家族が自宅で死亡した場合、病院で亡くなるのとは異なる手順を踏むことになります。まずどこに連絡をして、何を行ったらいいのでしょうか。大切な方を失うことはとても悲しいことですが、遺族は限られた時間の中でいろいろな手続きをしなくてはなりません。

ここでは、ご家族が自宅で死亡した際の手続きなどについてお話しします。

このまま記事を読む
【資料請求・お問合せはこちらより】


【もくじ】
・最初にするべきことは「死亡診断書」を受け取ること
・自宅で死亡した際の連絡先
・自宅で死亡した場合の注意点
・亡くなってすぐにすること

最初にするべきことは「死亡診断書」を受け取ること


自宅でご家族が亡くなった場合、最初にやるべきことは「死亡診断書」を受け取ることです。
日本の法律では、主治医による「死亡診断書」または警察による「死体検案書」の交付がないと、火葬や納骨などの手続きが行えません。
病院であれば臨終時に立ち会った医師に書いてもらえますが、自宅で死亡した際には医師に来てもらわなければならないため、その分手間がかかります。

自宅で死亡した際の連絡先


〇かかりつけ医がいる場合
病院もしくは在宅医療で継続的に病気を診てもらっている場合は、まずはかかりつけ医に連絡しましょう。故人がその担当医から24時間以内に診察・治療を受けており、持病によって亡くなったのであれば、臨終に立ち会わなくても死亡診断書を交付してもらえます。たとえ生前の診察後24時間以上を経過していたとしても、担当医が自宅に来てくれて持病による死亡で間違いないと確認できたら、死亡診断書が発行されます。
自宅で看取る予定があるのなら、いざというときのために、信頼できるホームドクターを見つけておくことをおすすめします。

〇かかりつけ医がいない場合
かかりつけの医療機関がない場合、死亡診断書を発行できません。したがって、死亡診断書と同じ内容の「死体検案書」を交付できる、警察署に連絡することになります。警察が来るとまず事件性が疑われて、遺族に対する事情聴取と現場検証が行われます。しかし、心配する必要はありません。監察医や検察官が検視をして特に事件性がないと判断されれば、すぐに死体検案書を発行してもらえます。

自宅で死亡した場合の注意点


自宅で亡くなったら、次の2点に注意が必要です。

〇あわてて救急車を呼ばない
ご家族が自宅で亡くなった場合、どこに連絡すればいいのかわからなくて、つい救急車に連絡してしまうケースもあるかもしれません。蘇生する可能性があれば、病院へ搬送してもらうことも可能です。しかし、明らかに死亡している状態では、救急隊員は警察を呼んですぐに帰ってしまいます。なぜなら、基本的に救急車は遺体搬送をできないからです。救急車を呼んだら、警察が来ることになります。

〇遺体を動かさない
警察が介入する場合は、亡くなった人の状態をそのままにしておく必要があります。例えば、お風呂場で裸の状態で亡くなっていたとしても、警察が来る前に服を着せてはいけません。身内であっても勝手に遺体を動かすと、警察から事情を聴取されることになります。死体検案書が作成されるまでは、触りたくなる気持ちをぐっとこらえましょう。

亡くなってすぐにすること


〇葬儀の手配
急なことであっても、葬儀社を手配し葬儀を依頼する必要があります。自宅での看取りを考えているのであれば、早い段階で葬儀社の候補を決めておくことをおすすめします。

〇親族への連絡
まず、血縁関係の近い親族に連絡します。遠方の親族には通夜、葬儀・告別式の日程が決まってから連絡を入れるようにしましょう。


あわせて読みたい記事
→喪主は誰が務める?葬儀での喪主の決め方と役割
→喪主がやるべきことは?1 通夜前までの準備について
→喪主がやるべきことは?2 通夜・葬儀時にすること

西日本典礼・大分典礼ではもしもの時も24時間365日対応しております。
急なことでご不安事が多くあると思いますが、私どもがしっかりとサポートいたします。
個別のご相談も随時受付しております。

バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年