1.  >
  2.  >
  3. 家族葬における会葬礼状はどうするべき?

コラム

家族葬における会葬礼状はどうするべき?
お葬式の知識

家族葬における会葬礼状はどうするべき?

葬儀に参列していただいた方にお渡しする「会葬礼状」をご存知ですか?
葬儀への参列や香典などの心遣いに対して感謝を伝えるお礼状です。
今回は家族葬における「会葬礼状」についてご説明します。


「会葬礼状」とは参列者への感謝の気持ちを表す礼状


会葬礼状とは、葬儀に参列してくれた方への感謝の気持ちを表す礼状です。
従来は葬儀が終わった後にお送りしていましたが、最近は通夜や葬儀の受付の際に頂いた香典と引き換えに香典返しなどの返礼品と一緒にお渡しすることが一般的になりました。

西日本典礼・大分典礼ではオリジナルの会葬礼状に取り組んでおります。
従来の決まった文章ではなく、会葬礼状を見て故人様の人となりや家族の想いなどをカタチにしたお礼状になります。会葬礼状の文章を作るために、専門のスタッフがお電話にて遺族へヒアリングを行います。完成した文章の訂正・確認の作業を行い唯一無二の礼状を創り上げます。

【オリジナル礼状について詳しく知りたい方はこちらから】


家族葬の場合でも会葬礼状は必要?


会葬礼状は通夜や葬儀の受付で、香典返しと一緒にお渡しすることがほとんどです。
参列者が完全に遺族のみの場合や香典も全てお断りするような場合は会葬礼状を作らないこともあります。しかし、家族葬でも遺族以外の親戚や故人の親しい友人などが葬儀に参加する場合は香典返しと共に会葬礼状の準備が必要となります。
葬儀へ参加しなかった友人や知人が後日自宅へ弔問に来ることもあるので、葬儀へ参加する人数以上に用意しておくことをお勧めします。

また、葬儀に参列するために会社を休んだ場合、社内規定があれば「忌引き(慶弔休暇)」や「慶弔見舞金」の申請をすることができます。その際の提出書類として会葬礼状を求められる場合があります。葬儀の日程や、故人との続柄を確認するのが目的です。

もし家族葬で会葬礼状がない場合は、下記のような書類で代用することもできます。
葬儀施行証明書(葬儀会社が発行する、葬儀を行った証明書です)
葬儀の日時、斎場、故人の名前、喪主の名前などが記載されます。

法的な効力はないので、保険金の請求や故人の銀行口座の解約手続きなどには使えません。
死亡証明書、火葬許可証のコピー
喪主や遺族であれば、死亡証明書や火葬許可書のコピーを用意することもできるでしょう。
厳密には、この2点の書類には葬儀の日程までは記載されていませんが、そこまで厳格なルールを設けている会社はほとんどありません。

会葬礼状は参列者への感謝の気持ちを表す礼状です。世界に一つの物語を込めて作成しております。


【オリジナル礼状についてさらに詳しく知りたい方はこちらから】



バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年