1.  >
  2.  >
  3. 通夜と葬儀・告別式の服装につて【福岡喪服レンタル】

コラム

通夜と葬儀・告別式の服装につて【福岡喪服レンタル】
参列者の方へ

通夜と葬儀・告別式の服装につて【福岡喪服レンタル】

通夜と葬儀・告別式は同じ服装でかまいません。喪服は当社にてレンタルすることもできるので、マナーに従ったきちんとしたものを用意するようにしましょう。

告別式での服装を選ぶ上で大切なのは、故人に哀悼の意を表し、失礼のない格好をすることです。社会人としてはいざというときのために、一着用意しておくとよいかもしれません。
しかし以前購入していたがサイズが合わなくなってしまったり、または女性の場合は年齢的に不向きになってしまったりと急遽お参りに行かなければならないという場合もあるかと存じます。ここでは通夜と葬儀における服装についてご紹介いたします。

【礼服レンタルについて詳しくみる】


【もくじ】
・喪主の服装
・親族の服装
・参列者の服装
・小物と身だしなみ



喪主の服装



喪主は、遺族の代表であり、葬儀・告別式において最も責任ある立場になりますので、正式礼装を着用するのがマナーです。

以前は、喪主は男性女性ともに和装の正式礼装をすることが一般的でした。
男性は、黒羽二重染め抜き五つ紋付き羽織と着物に、仙台平の袴です。女性は実家の女紋か婚家の家紋が入った黒無地染め抜き着物に、黒無地の丸帯を締めます。男性の足袋は白か黒かが地域によって異なるので、分からない場合は事前に葬儀業者や年配の方に確認しておきましょう。

近年でも地方では、喪主は和装という慣例が残っているところがありますが、都市部ではほとんど見られなくなり洋装をすることが一般的です。

洋装の場合は、男性は黒のモーニングもしくは略礼服、女性は黒を基調としたワンピースやアンサンブルが適した服装になります。


親族の服装


最近は、喪主や遺族でも略礼装で告別式に臨むことが多くなっています。
葬儀の規模や参列者の顔ぶれを見て、男性は略礼服のブラックスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイ、女性は黒無地のワンピースやアンサンブルで、スカート丈はひざが隠れる程度のものにしましょう。


参列者の服装


お葬式に参列する場合も、一般的には喪服を着用して訪問しますが、最近では平服でも問題ないというケースが増えています。ただし、平服といってももちろんお葬式にそぐわない服装ではいけません。

〇男性の服装
男性は、ブラックスーツが基本ですが、ダークグレーでも許容範囲でしょう。特に、通夜に参列する場合は、喪服でなくても、濃いグレーや紺色のスーツでも問題ないでしょう。
勤務先から向かう場合は、ネクタイと靴下を黒に替えることを忘れないようにしましょう。

〇女性の服装
女性は、参列者も黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどを着用します。袖やスカートの丈は長めを意識し、肌を露出させないよう気を付けましょう。
平服の場合は、喪服よりもやや流行を取り入れたようなデザインでもかまいません。ストッキングの色は、葬儀に参列する場合は黒が好ましいとされています。

〇子どもの服装
高校生までの子どもは、学校の制服がある場合は制服を着用します。制服がない場合は、男女とも白のシャツかブラウスに、黒・紺色・グレーなどの地味な色のボトムスを合わせるようにしましょう。
冬は黒や紺色、グレーなど、地味な色のセーターやジャケットを羽織います。
装飾のついたものは避け、学校の式典などに臨むような服装と考えて選ぶとよいでしょう。


小物と身だしなみ


お葬式に参列するときは、服装だけでなく、小物やメイク、髪型を含めた身だしなみなどの全体にも気を付ける必要があります。

〇靴・鞄・アクセサリー
女性は鞄を持ったり、アクセサリーを付けたりすると思いますが、小物類も基本的には黒で統一しましょう。鞄については布製で光沢のないものを使用するのが正式です。ワニ革や爬虫類を使用したものはタブーですので注意が必要です。
ネックレスはパールが基本です。指輪も結婚指輪以外はしないようにしましょう。
靴は男女とも黒で光沢のないものを履くようにしましょう。
傘を持って行かなければならない場合は、派手な色のものを使用しないよう注意が必要です。

〇髪型・メイク・ネイル
髪型はすっきりと清潔にまとめます。長い場合はまとめるのがいいでしょう。髪飾りは付けないか、付ける場合も黒で光沢のないものを選ぶようにしましょう。
女性のメイクも、濃いと印象がよくありません。ネイルや香水も控えるようにしましょう。

〇数珠について
お通夜や告別式に欠かせないのが数珠です。最近では、数珠は一種のアクセサリーとして捉えられることもあるようですが、本来は宗教的な意味合いの強い葬儀に欠かせないアイテムです。数珠のマナーを理解した上で、お通夜・告別式に相応しい数珠を持って参列するようにしましょう。
また数珠には男性用と女性用があります。男性用と女性用の数珠の見分けは決して難しいものではありません。略式数珠の場合、男性の数珠の玉は女性の数珠の玉の大きさよりも大きく、色味も地味なものが多いことが特徴です。
急なお参りでお持ちでない場合、西日本典礼・大分典礼では店頭販売の商品もございます。
お気軽にお尋ねください。


今回は通夜と葬儀・告別式の服装につてご紹介いたしました。急なことで準備が難しい場合はレンタル衣裳を利用するのも一つの手段です。
西日本典礼では礼服レンタルを行っております。
ご注文いただきました礼服は最寄りの斎場へお届けいたします。
内容について詳しく知りたい場合は以下よりご確認ください。
↓↓↓
【礼服レンタルについて詳しくみる】