1.  >
  2.  >
  3. 秋のお彼岸について

コラム

秋のお彼岸について
終活について

秋のお彼岸について

〇2021年(令和3年)秋のお彼岸期間はいつからいつまで?
秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間、計7日間が「お彼岸」の期間となります。
今年の秋分の日は9月23日(木)ですので、2021年(令和3年)秋のお彼岸は9月20日(月)から9月26日(日)までの7日間になります。
9月20日(月) 彼岸入り
9月23日(木) 中日(秋分の日)
9月26日(日) 彼岸明け


〇お彼岸とは? なぜお墓参りをするの?
そもそも「お彼岸」とはどのような行事かご存じでしょうか? 「お彼岸」という言葉に馴染みがないという方でも、春は3月、秋は9月にお墓参りをするのはご存知かも知れません。

それほど日本文化に定着している「お彼岸」ですが、もともとサンスクリット語の「パーラミター」が語源であるといわれ、仏教においては欲や煩悩、苦しみに満ちた輪廻の世界から解脱し、迷いのない悟りの境地に達することを表しています。この悟りの境地の川を挟んだ向こう岸、すなわち「彼岸」に例えたのが私達日本人の伝統行事「お彼岸」となります。春分の日、秋分の日には、太陽が真東から上り真西へと沈み昼と夜の日の長さが同じになることから、彼岸に通じやすくなると考えられました。これらの時期に先祖供養をすることでご先祖の冥福を祈るようになりました。

〇お参りする
今はなかなか遠方まで行くことも難しいですが、お墓まで行ける方はお墓へ出向き合掌し、ご先祖さまに挨拶と感謝の心をお参りください。
このとき、ご自身の宗派のお経やお念仏などを唱えるのもよいでしょう。
お祈りが終われば、お供えものを「おさがり」として持ち帰りましょう。
花立の花は、お寺が処分して下さる場合もありますが、放置すると腐ったり、動物に食べられたりすることがあります。ルールに従ってお参りをしましょう。
帰郷が難しくお墓や仏壇がない場合は心の中に先祖を思い手を合わせる事でも供養になります。それぞれのお彼岸をお過ごしください。


西日本典礼・大分典礼ではお彼岸のお花を手配することも可能です。お電話でも受付しております。
福岡フリーダイヤル:0120-486-942
大分フリーダイヤル:0120-901-720


バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年