1.  >
  2.  >
  3. 秋のお彼岸について

コラム

秋のお彼岸について
終活について

秋のお彼岸について

〇2020年(令和2年)秋のお彼岸期間はいつからいつまで?
秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間、計7日間が「お彼岸」の期間となります。
今年(2020年)の秋分の日は9月22日(火・祝)ですので、【2020年(令和2年)秋のお彼岸は9月19日(土)から9月25日(金)までの7日間】という日程になります。
9月19日(土) 彼岸入り
9月22日(火・祝) 中日(秋分の日)
9月25日(金) 彼岸明け

お盆とは違って「お彼岸休み」というのは存在しませんが、シルバーウイークといわれる9月の連休に重なることが多い秋のお彼岸です。

〇お彼岸とは? なぜお墓参りをするの?
そもそも「お彼岸」とはどのような行事かご存じでしょうか? 「お彼岸」という言葉に馴染みがないという方でも、春は3月、秋は9月にお墓参りをするのはご存知かも知れません。

それほど日本文化に定着している「お彼岸」ですが、もともとサンスクリット語の「パーラミター」が語源であると言われています。
「パーラミター」は仏教用語ですが、これを音写したのが「波羅蜜多(はらみった、はらみた)」で、「般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)」ではじまる般若心経の例を挙げるまでもないほど、仏教にとって重要な概念です。サンスクリット語で「パーラミター」とは「完成する、成就する」という意味です。仏教の概念として用いられる場合、欲や煩悩、苦しみに満ちた輪廻の世界から解脱し、迷いのない悟りの境地に達することを表します。
この悟りの境地「パーラミター」を、川を挟んだ向こう岸、すなわち「彼岸」に例えたのが私達日本人の伝統行事「お彼岸」となります。反対に、私達の生きる煩悩の世界はこちら側の岸「此岸(しがん)」と呼ばれています。日本古来の自然観や先祖崇拝の影響から、亡くなった家族やご先祖は迷いのない「彼岸」へと渡り、時々私達の生きる此岸に姿を現すと考えられるようになりました。春分の日と秋分の日には、太陽が真東から上り真西へと沈みますが、それによって彼岸と此岸とが通じやすくなり、これらの時期に先祖供養をすることでご先祖の冥福を祈るとともに、自らもいつか迷いのない此岸に到達できるよう願ったのです。ひと口に「お彼岸」と言いますが、彼岸と此岸(あの世とこの世、すなわちご先祖と私たち)とが交流する行事であり、そのための場所が「お墓」となります。

〇お彼岸のお墓参りは日本だけの風習
先に述べた理由より、仏教のルーツであるインドや中国にお彼岸という行事はありません。
仏教を開いたお釈迦様は、もともと霊魂の存在を認めていません。人は死後49日で別の存在に生まれ変わる(輪廻転生)か、輪廻転生の世界から解脱するか、いずれかの道に進むというのです。
ですから、ご先祖があの世にとどまり、お盆やお彼岸の時期になるとこの世にやってくるというのはお釈迦様本来の教えではなく、先述のように仏教が伝わる以前から存在していた、わが国古来の先祖崇拝信仰の名残りなのです。

〇お参りする
今はなかなか遠方まで行くことも難しいですが、お墓まで行ける方はお墓へ出向き合掌し、ご先祖さまに挨拶と感謝の心をお参りください。
このとき、ご自身の宗派のお経やお念仏などを唱えるのもよいでしょう。
お祈りが終われば、お供えものを「おさがり」として持ち帰りましょう。
花立の花は、お寺が処分して下さる場合もありますが、放置すると腐ったり、動物に食べられたりすることがあります。ルールに従ってお参りをしましょう。


西日本典礼・大分典礼ではお彼岸のお花を手配することも可能です。
福岡フリーダイヤル:0120-486-942
大分フリーダイヤル:0120-901-720
ご連絡ください。