1.  >
  2.  >
  3. 位牌についてご存知でしょうか?

コラム

位牌についてご存知でしょうか?
お葬式後にすること

位牌についてご存知でしょうか?

核家族化がすすんだため、身近に仏事や仏壇に詳しいお年寄りがおらず、よく知らないという方が多いのではないでしょうか。親が亡くなってはじめて位牌をつくるとき、「位牌はお寺が用意してくれるものだと思っていた」と、四十九日法要が近づいて大あわてします。しかし、普段見慣れてない位牌のこと、どこで、どんな位牌を購入したらよいのかわかりません。位牌は故人そのものです。自分が分からないままで選んでしまったら、後で悔やむ結果にもなりかねません。位牌のことをよく知っていただけたら幸いです。


〇位牌の購入前に知っておきたい事
位牌は故人そのものと考えられています。位牌の形は宗派に関係がないので、好みの形を選ぶことができます。すでに位牌がある場合は同じ形で揃えることもありますが、故人にふさわしいものを選ぶとよいでしょう。位牌の大きさは、仏壇の内部の作りに合わせることが大切です。初めて位牌をつくる場合は、先に安置する仏壇を決めてから考えたほうがよいでしょう。先祖の位牌がある場合は、同じ大きさか、少し小さい位牌を選ぶのが一般的です。位牌を選ぶ場合、仏壇に安置するご本尊の高さより小さい位牌を選びます。夫婦の位牌は、同じ大きさを選ぶのが一般的です。位牌は本来一人ずつつくるものですが、夫婦の場合、一つの位牌に二人の戒名を連ねて入れることができます。


〇位牌には戒名の文字入れが必要です
位牌には、戒名と亡くなった没年月日、俗名、行年(享年)を入れます。
戒名の文字は昔の漢字が使われることもありますので、白木の位牌の文字をそのまま正確に仏壇店に伝えることが重要です。位牌の戒名入れの手法には、機械彫り文字と手書き文字があります。機械彫りの方がより整った文字を入れることができ、手書きの場合は味わいのある文字を入れることができます。位牌の戒名入れの手法には宗派による決まりごとはありませんので、どちらか好みの方を選ぶことができます。すでに位牌がある場合は同じように揃えることが多いです。位牌は故人そのものと考えられていますので、丁寧に戒名の文字を入れることが重要です。位牌を購入する時は、文字入れサービスとか、文字彫り無料などの言葉に惑わされずに、真心を込めて戒名の文字を入れてくれる仏壇店を探すことも大切です。


〇位牌の種類
位牌には、漆を塗り金箔や金粉などで飾った塗り位牌と、黒檀や紫檀などで作られた唐木位牌があります。位牌には他に、札板が十枚位入り、先祖の位牌をまとめるのに便利な回出位牌があります。塗り位牌は今まで、会津、名古屋、和歌山などで作られてきました。しかし最近では海外の中国製の位牌も数多く販売されていますので、購入の際には注意が必要です。位牌はお寺が用意してくれる場合もありますが、一般には四十九日までに仏壇店で購入しておくものです。仏壇店以外でも最近は、葬儀社や石材店などで位牌を扱っているところもありますが、やはり専門知識を持った信頼できる仏壇店で購入するのが安心です。


〇戒名について
戒名は仏の弟子になった事をあらわす名前です。
本来の戒名はどんな身分の人でも二文字で、仏の世界では平等であることが表現されていますが、実際には戒名のランク付けがあり、御布施の金額も異なります。
戒名で使う文字も宗派によって特徴があります。

西日本典礼ではアフターサポートの一環としてお満足いただけるお仏壇選びのために幅広い専門知識を持ったプロがお手伝いさせて頂きます。
お気軽にご相談くださいませ。

バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年