1.  >
  2.  >
  3. 香典返しについて

コラム

香典返しについて
お葬式の知識

香典返しについて

香典返しは、通夜や葬儀(告別式)で香典を頂いた方に対して遺族が「感謝の気持ち」として添える品物です。本来なら忌明け(極楽浄土に行けるかどうかが決まると言われている日で、一般的には四十九日)に直接お礼の挨拶に伺うべきところですが、実際には時間的制限などもあるため、品物に「忌明けの挨拶状」を添えて送ることで感謝の気持ちを表すことが慣例となっています。
もともと香典には「不幸のあった喪家を助ける」という意味合いがあるので、お返しをしなくても良いものでしたが、今では香典返しをするケースが一般的となっています。方法は地域や葬儀の形式によって多少異なり、香典返しを葬儀の当日に渡すこともあります。(これを「即返し」「当日返し」などと言います)

〇「香典返し」の相場の目安は
香典返しの相場は、金額ではっきりと目安があるわけではなく「いただいたお香典の半額程度」というのが一般的です。参列の方のお香典の額も様々でしょうから、香典返しもそれに応じて何種類か用意することになります。「どなたにいくらお香典をいただいたか」をきちんと把握しておきましょう。

〇「当日返し」は皆様に同じ品物を
本来、香典返しは忌明け(四十九日)を過ぎてから贈るものですが、最近は葬儀当日に香典返しを差し上げる「当日返し」もよく見られます。この場合、いただくお香典の額に応じてというわけにはいきませんから、弔問客皆様に同じ品物をご用意します。だいたい、二~三千円程度の品物を選ばれる方が多いようです。
※多くいただいた方にはあらためてお礼を
もし、香典返しの倍額以上になるような大きい金額のお香典をいただいたときは、忌明け過ぎにあらためてお礼の品を用意します。予算は「いただいたお香典の半額から、当日返しの分を引いた程度」を目安とするとよいでしょう。

〇香典返しの「タブー」とは
「不祝儀は残さない方がいい」という考えから、一般的に香典返しには「すぐ使ってなくなるもの」を贈るとされています。このことから、食品にも香典返しの定番となっている品はたくさんあります。ただし、肉・魚は宗教的な影響などもあるのか、古くから避けられることが多かったようです。また、お茶や飲み物も定番のひとつですが、お酒は神事などお祝いによく用いられることから、香典返しとしては不向きと見られることもあります。また商品券など券面に金額が記載されてしまっている金券類も、金額があからさまになることから、快く思わない方がいることを覚えておきましょう。

西日本典礼では葬儀後の香典返しの品物の取り決めや、葬儀後の手続きのアドバイスなどアフターフォローもしっかりと行っております。お困りがございましたら何なりとご相談くださいませ。

西日本典礼 お客様係
TEL:092-832-5544

バックナンバー

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年