福岡・大分・佐賀の葬儀・葬式は
365日24時間受付の西日本典礼へ

福 岡0120-486-942

大 分0120-901-720

資料請求・見積依頼・事前相談なお問い合わせはこちら
お葬式の流れ
お客様の声
必ず役立つ10の事前準備
生花のご注文
参列者の方へ
遺品整理・生前整理
喪服レンタル
法事会館のご案内
  1.  >
  2. コラム

お問い合わせ ・資料請求 ・見積依頼 ・事前相談 ・メール相談

お葬式の知識

2016/02/20

葬儀と告別式はどう違う?

仏教のしきたりの中で、似ているけど意味が違う代表として「葬儀」と「告別式」があります。何が違うのでしょう?これらは本来、目的が異なる行事であり、古くは区別して行われる儀式でした。しかし現在では混同して理解されている方が多いようです。それもそのはず、一部の葬儀式(社葬や団体葬など)を除いて、今では葬儀と告別式を同時に行うのが一般的になっているからです。実際に葬儀の司会者も「葬儀ならびに告別式を会式致します」とアナウンスしています。

そんれでは、両者の違いを比較してみましょう。
「葬儀式」・・・故人の成仏を祈るなど、各宗派の作法にのっとった供養の儀式。遺族、親族、親しい知人中心に参列する。告別式の前に執り行われます。
「告別式」・・・文字通り、故人に別れを告げるための儀式。遺族、親族、親族、友人をはじめ、葬儀仲間や地域の関係者など、交友のあった方々が広く参列する。「お別れの会」なども一種の告別式です。葬儀式の終了引き続き、行われる場合が多い。

こうしてみると「葬儀」と「告別式」の関係は、結婚式でいうと「葬儀」が「チャペルや神前で行う結婚式」で「告別式」が「披露宴」みたいなものでしょう。人生の終わりに際して、来世の門出は安らかなれとの祈りは、故人の成仏を願う「葬儀」とその人生への永遠の別れを挨拶する「告別式」、この二つの要素から成り立っているのである。
コラム一覧へ