福岡・大分・佐賀の葬儀・葬式は
365日24時間受付の西日本典礼へ

福 岡0120-486-942

大 分0120-901-720

資料請求・見積依頼・事前相談なお問い合わせはこちら
お葬式の流れ
お客様の声
必ず役立つ10の事前準備
生花のご注文
参列者の方へ
遺品整理・生前整理
喪服レンタル
法事会館のご案内
  1.  >
  2. コラム

お問い合わせ ・資料請求 ・見積依頼 ・事前相談 ・メール相談

参列者の方へ

2015/09/19

福岡の葬式 友人へのお悔やみの言葉


あなたは友人にお悔やみの言葉をどう言いますか?
最近SNSでの交流が盛んにおこなわれています。ラインやフェイスブック、ツイター、インスタグラムと様々な形でコミニュケーションが取られています。楽しい情報がほとんどですが、その友人の身内に不幸があった場合、どう書き込みしたらよいのでしょう。

通夜や葬儀の場合での、マナー上でのお悔やみの挨拶は

「このたびはご愁傷様です」

「心よりお悔やみ申し上げます」

「胸中お察しいたします」

「あまりにも突然なことで信じられません。どうぞお力落としのないように」

などかしこまった文章になってしまい、親しい友人には「言いにくい」「他人行儀になる」など、メールなどでも伝えにくいと感じた方も多いと思います。


もっとシンプルな伝え方で言いたい。

例えばこんな伝え方があります。

◆友人のご家族の場合◆

畏まって堅苦しい言葉を使うより、親身になることが大切です。

「こういう場合、なって言って良いのか分からないけど・・・・」
などの前書きを書いて文章につなげていきます。すると自然な文章になります。

「突然なことで言葉も見つけられないけど、お悔やみ申し上げます。私にできることがあったら何でも言ってね」

そうすることにより、弔電文みたいにならずに気持ちが伝わると思います。最近では小さなお葬式の家族葬が増えて葬儀に参列しないことも、多くなっています。友人が落ち込んでいる時こそ、温かい言葉を送ってみてはいかかですか?
コラム一覧へ